Month: 1月 2017

未来はどんな便利な世界になっているのだろう

家電や車、通販など色々な便利な物が生まれているが、未来はどんな世界になっているのだろう。
そんな事をニュースを見ていると思う。

今日、郵便屋さんが雨の中配達をしていた。
来年の1月2日は年賀状配達をやめるとニュースで見た。理由は人手問題。

郵便屋さんの20年後はどんな風になっているのだろう。
メールやFAXが浸透してもなお、手紙のやり取りがあるわけだから、20年後もなくなりはしないだろう。

今のように手で配達するだろうかと考える。
自動配達になるだろうか。
GPS・ドローン…何を使ってなら自動化できるだろう。

自動にしたら、切手代は高くなるだろうか。
人件費は削減できても、使い捨てのGPSを使っての自動配達はコストがかかりそう。

世の中が便利になって、オートメーション化されていく。
人はどこまで必要とされ、どこまでできるようになるのだろう。
同時にどこまでしか動けなくなるのだろう。

本当にドラえもんの映画のような世界が待ってる気がする。http://www.br-guadeloupe.com/yoyakumatome.html

同期の側、自分も頑張ろうという気持ちになれる

久しぶりに店先の同期の人たちに会いました。
転職当初は定期的に会っていましたが、2クラス眼に入ってからは双方忙しくなりどうも会えない症状でした。
人によっては職業中にメルアドでのキャッチボールの居残るヤツもいましたが、
至極仲のない部署のヤツに関しては本当に久しぶりで、会った場合「この人誰ですっけ?」となっていました。

同期だからか、久しぶりに会っても一気に打ち解けることができました。
「今日何してるの?」とか、「今勤めどういう模様?」と自分たちの勤めのはなしで盛り上がります。
通常職業だけの交渉だとそういったはなしは取り止めるので、パートナーが如何なる気で仕事をしているのかとかを知れる良い好機で、
同期の話を聞いていると「自分も頑張ろう!」という気持ちになることが出来ます。

私の勤め先には同期がいないので、同期に巡り会える好機は貴重だ。
同期がいないと落ち込んだ時やきつい場合「辞めたいなー」と思ってしまいますが、
打ち上げの場合会うと「しばし頑張ってみよう」という心境になれます。ミュゼ うなじ