冬としての室温10℃、ヒーターをオフにした状態で暖かいほうですね、靴下があったか仕様とか重ね着の効果もありますが。
どれくらいかなと電波時計で室温をチェックしたら、10℃ちょうどでした。

冬物衣類は乾きにくいので量としては少ないけれど洗濯しながらのお掃除、ヒーターを十分単位でオフにしたらこの室温。
暖房を使う目安としたらこの日の室温くらいがいいらしい、ヒーターを弱にして使うと寒さもちょっと感じるという程度です。

この設定から高めにすれば室内はほかほか状態ですごしやすいけれど、冬向きの身体としてはどうかと思うし、節電も考えるほうがいいので低めの設定。
室内の湿度も適度でたもてるしお肌の面でもヒーター低めがいい、この室温に慣れれば、寒中に寒くてもちょっとくらいでは風邪もひかない体質。

冬の寒さがやわらぐのは2月の下旬か3月になってから、控えめのヒーター設定は経済性と身体作りによいメリットです。
健康とか丈夫ですごせるのはベストというものですからね。ミュゼ 鼻下